布施溜池

 東近江市布施山(標高241m)の東側山麓にある布施溜池を紹介します。この池は大変古く、後白河天皇が『梁塵秘抄 りょうじんふしょう』中で「近江におかしき歌枕、老蘇轟、蒲生野布施(おいそとどろき、がもうのふせ)の池、安吉橋・・・」と記しように、この頃からあったようです。
 現代の池は、平成5年に水と緑に親しみながら野鳥と植物など自然観察ができ、芝生広場や遊戯施設が整備された親水公園として整備されました。冬にはたくさんの水鳥が飛来し、気楽に水鳥を観察が出来る観知溜館(みちるかん)が建てられています。また池の周辺には遊歩道や雑木林があり、周辺を歩くながら水鳥、小鳥類を観察することが出来ます。

出会える鳥と季節

主に秋から冬にかけて野鳥リスト
カイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、ダイサギ、アオサギ、バン、トビ、キジバト、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラスetc.n n池の周辺の田んぼではケリ、季節によってはシギチドリ類が飛来することもあります。また池の周辺の雑木林では小鳥類も見られ、春から夏には夏鳥が見られます。

アクセス

【公共交通利用】JR琵琶湖線「近江八幡」下車、近江鉄道八日市線に乗車し「八日市」へ。本線「貴生川」行きに乗り換え、「大学前」下車。西へ徒歩約15分。
【車利用】名神高速道路「八日市I.C.」を降りて、国道421号線を近江八幡市方面へ、近江鉄道の踏切を越えて清水三丁目の交差点を左折、南に約5分。また国道8号線近江八幡市友定町交差点から421号線で八日市方面へ。近江鉄道「市辺」で右折し踏切渡り道なりに進む。近江鉄道「長谷野」駅近くの蛇溝町交差点を右折し、南に約2分。または、名神高速道路「蒲生S.I.C.」からもアクセスできます。

滋賀の探鳥
Return to Top ▲Return to Top ▲