日本野鳥の会滋賀インターネットサービス利用規約

 

第1条(範囲)
この規約は、日本野鳥の会滋賀(以下、当会)が運営するインターネットサービスのうち、主に会員専用に提供される機能の一部または全部をご利用になる際の全てのユーザーに適用します。
(1) インターネットサービスとは、当会のホームページ及びメーリングリスト(以下、ML)のことをいいます。

第2条(定義)
この規約における用語について、以下の通り定義します。
(1)「ユーザー」とは、当会に所属あるいは当会役員会の認めた個人が、所定の方法により申請を行い、当会によって承認
  されたホームページ利用者及びML参加者のことをいいます。
(2)「ログイン」とは、承認された登録情報を入力し、ホームページ内の会員専用コンテンツを閲覧又は利用しうる状態にする
  ことをいいます。
(3)「コンテンツ」とは、ホームページにおいて提供するテキスト及び図画等の全てをいい、ユーザーが投稿したものを含み
  ます。
(4)「アカウント」とは、ログインをする権利のことをいいます。また、ログインに必要な情報のことを含みます。MLにおいては
  登録メールアドレスを用いて送受信しうる情報及び状態のことを指します。

第3条(変更)
当会は、ユーザーに事前の承認を得ることなく、この利用規約を変更する場合があります。その際、各ユーザーにメールを送信し、ホームページに掲示した時点で有効となります。

第4条(ユーザー登録)
当会は、正確な情報を基に登録申請されたユーザーに対し、これを確認した後に承認します。登録情報の確認は、日本野鳥の会に登録されている会員番号と氏名とで行います。
(1) ホームページとMLは、それぞれ独立した申請により登録を行います。

第5条(登録の不承認)
当会は、登録申請が以下のいずれかに該当する場合、ユーザー登録を承認しない場合があります。又、確認のため追加の情報提供を求める場合があります。
(1) 申込者が当会会員でないとき。
(2) 申込者が当会会員資格を有するかどうか不確かなとき。
(3) 申込者が第8条4項の規定に該当するとき。
(4) インターネットサービスの登録システムにおいて、技術的な問題が発生しているとき。

第6条(登録の停止)
当会は、インターネットサービスの安全性確保のため、登録を停止する場合があります。

第7条(貸与譲渡の禁止)
アカウントは承認された本人にのみ有効とし、第三者に貸与又は譲渡することは出来ません。承認されたアカウントによって行われた行為は、全て該当アカウントを承認された本人によってなされたものとみなします。
ユーザーは、自己の持つアカウントが第三者に漏れないよう、自己の責任において管理するものとします。

第8条(登録の抹消)
当会は、ユーザーが以下のいずれかに該当する場合、登録の抹消またはアカウントの停止をする場合があります。
(1) 本人及び認められた代理人により、抹消の申し出があったとき。
(2) 本人及び認められた代理人により、退会の申し出があったとき。
(3) 会費未納などにより、退会されたと推定される合理的な理由のあるとき。
(4) 第11条の規定に違反し、アカウントの停止又は抹消が相当と、役員会の決議又は合意があったとき。
(5) 安全性の問題により、緊急措置が必要なとき。

第9条(ユーザーの責任)
ユーザーは、インターネットサービス上でなされた全ての行為とその結果について、全ての責任を負うものとします。
なお第7条の規定により、本人の行為とみなされる場合を含みます。

第10条(著作権)
コンテンツの著作権は当会または著作者にあり、フォーラムやギャラリーなど、投稿によって成立するコンテンツのうち、単独のユーザーで形成されるものについては、投稿されたユーザー又は著作権者に帰属するものとします。また、ユーザーは当該コンテンツについて、当会の活動に対し無償で利用(ホームページ以外の出版、展示、頒布、送信、貸与を含む)する権利を許諾したものとみなすと同時に、著作者人格権を行使しないものとします。

第11条(禁止事項)
インターネットサービスの円滑な運営のため、以下の行為を行わないものとします。
(1) 他のユーザーもしくは第三者を誹謗中傷し、又は他者の名誉を毀損又は毀損するおそれのある行為。
(2) 他のユーザーもしくは第三者の権利(著作権等知的財産権及びプライバシーを含む)を侵害又は侵害するおそれのあ
   る行為。
(3) 他のユーザーもしくは第三者に対し、商業目的で広告、宣伝、勧誘をする行為。
(4) 宗教及び政治に関わる宣伝または勧誘に繋がる行為。
(5) 法律及び公共の福祉に反する行為。
(6) 野鳥愛護及び自然環境保護の精神に反する行為。
(7) インターネットサービスの安定した運営を阻害する行為。
(8) その他、当会の活動に相応しくないと思われる行為。

第12条(コンテンツの削除)
前条の規定に反する行為があった場合、ホームページ管理者はユーザーに事前に通知することなく、当該コンテンツを削除する場合があります。

第13条(免責)
(1) インターネットサービスは、合理的な方法により安全性、正確性、継続性の確保に努めますが、これらを保証するもの
   ではありません。
(2) セキュリティ及び技術的な問題等により、インターネットサービスの一部又は全部を予告なく停止又は削除する場合が
   あります。
(3) ユーザーが投稿されたコンテンツについて、当会はバックアップの責任を負いかねます。不測の事態による消失につい
   ては、合理的可能な範囲でのみ復旧に努めます。
(4) 当会は、ユーザーがインターネットサービスにおいて被ったいかなる損害(他のユーザー及び第三者との紛争を含む)
   に対し、一切の責任を負いかねます。

第14条(個人情報保護)
当会は、インターネットサービスにおける個人情報の取り扱いについて、以下の通り定めます。
(1) ホームページに入力された個人情報は、登録承認及びログイン認証のため、あるいは会からの連絡のため使用します。
(2) ホームページにおいて、ユーザーの会員番号、本名、メールアドレスは非公開とし、法の定めに従う場合を除き、事前
   の了解なく第三者への提供、開示等を行いません。コミュニティにおいては、投稿者をユーザー同士あるいは閲覧者
   が識別できるよう、「ユーザー名」(本名ではありません)を表示します。
(3) MLにおいては、参加資格の有無を判断するため、参加申請時にのみ会員番号と氏名の明示を求めますが、MLシス
   テム内にこれらを保持しません。

附則
本規約は2011年3月1日から実施するものとします。
2014年3月1日改訂施行