日付天候時間サシバハチクマノスリハイタカ属その他タカSP合計
累計     5,326 793 1,859 150(32) 19 60 8,207(32)
11/5 曇り 09:00-12:00 0 0 0 ツミ2 ハイタカ(1) 0 0 2(1)
11/3 曇り 11:00-15:00 0 0 11 ハイタカ(1) 0 0 11(1)
11/2 調査なし              
11/1 曇りのち晴れ 09:00-13:00 0 0 33 ハイタカ1(2) 0 0 34(2)
10/31 晴れ 07:30-16:00 0 0 505 ツミ1 ハイタカ1(5)
ハイタカSP2
0 0 509(5)
10/30 曇り時々晴れ 08:00-15:00 0 0 59 ツミ8 ハイタカSP4 0 0 71
10/29 晴れ時々曇り 08:00-15:00 0 0 16 ツミ3 0 0 19
10/28 調査なし              
10/27 晴れのち曇り 08:00-15:30 0 0 45 ツミ5 ハイタカ3(3)
ハイタカSP1
チゴハヤブサ1 0 55(3)
10/26 晴れ 08:00-15:00 0 0 13 ツミ4 ハイタカ(1) 0 0 17(1)
10/25 晴れ 08:00-16:00 0 0 85 ツミ10 ハイタカ5(5)
ハイタカSP2
0 0 102(5)
10/24 曇りのち晴れ 10:00-15:00 0 0 22 ツミ1 ハイタカ(9) ミサゴ1 0 24(9)
10/23 調査なし              
10/22 晴れ 08:00-14:00 0 0 6 ツミ1 ハイタカ(1) 0 0 7(1)
10/21 晴れ 07:30-15:00 0 0 24 ツミ8 ハイタカSP1 0 0 33
10/20 晴れ 07:40-15:00 0 0 222 ツミ20 ハイタカ3(1)
ハイタカSP3
0 0 248(1)
10/19 晴れ 07:45-15:00 0 0 40 ツミ2 ハイタカ1
ハイタカSP2
0 0 45
10/18 曇り 10:45-13:00 0 0 2 0 0 0 2
10/17 曇りのち雨 08:00-10:30 0 0 3 0 0 0 3
10/16 晴れのち曇り 08:00-15:00 0 0 55 ツミ2 ハイタカ(1) チゴハヤブサ1 0 58(1)
10/15 晴れ 08:00-15:00 0 0 20 0 0 0 20
10/14 曇り 08:00-16:00 0 0 47 ツミ6 0 0 53
10/13 晴れのち曇り 08:00-15:00 1 0 6 ツミ3 0 1 11
10/12 晴れのち曇り 08:00-15:00 0 0 24 ツミ1 0 0 25
10/11 曇りのち晴れ 07:30-15:00 0 0 131 ツミ1 ハイタカ2 0 1 135
10/10 晴れのち曇り 08:00-15:00 0 0 175 ツミ7 0 0 182
10/9 晴れ 08:20-15:00 3 0 172 ツミ3 ハイタカ(1) 0 15 193(1)
10/8 晴れ 08:00-16:00 0 0 14 ハイタカ1 ハイタカSP1 チゴハヤブサ1 0 17
10/7 晴れ 08:00-15:00 2 4 21 ツミ2 0 1 30
10/6 曇り 07:30-11:30 16 3 0 0 0 3 22
10/5 晴れのち曇り 調査なし              
10/4 晴れのち曇り 08:00-13:00 6 0 0 0 0 4 10
10/3 晴れ 07:30-15:00 5 7 5 0 チゴハヤブサ1 0 18
10/2 晴れのち曇り 07:30-15:00 73 52 26 ツミ3 ハイタカ2 0 7 163
10/1 曇り時々雨 08:00-14:30 9 5 6 ツミ1 0 1 22
9/30 曇りのち雨 08:00-11:00 1 2 0 0 0 0 3
9/29 曇り 07:30-16:00 81 26 7 ツミ1 0 2 117
9/28 晴れ 07:00-15:00 479 104 21 ツミ1 ハイタカ1 ミサゴ1 0 607
9/27 晴れ 06:30-15:00 1,663 109 14 ツミ3 ミサゴ2
チョウゲンボウ2
1 1,794
9/26 晴れ 06:30-15:00 1,094 121 7 オオタカ1 ツミ5 ミサゴ1 3 1,232
9/25 晴れ 08:00-15:00 197 63 4 ハイタカ2 0 2 268
9/24 曇り時々晴れ 06:00-16:00 1,138 165 1 オオタカ2 ハイタカSP1 ハヤブサ2 ミサゴ1
チゴハヤブサ2
4 1,316
9/23 曇りのち晴れ 10:00-17:00 44 13 0 ツミ1 0 0 58
9/22 晴れのち曇り 08:00-15:00 19 23 2 ハイタカ1 0 1 46
9/21 晴れ 08:50-16:00 97 35 5 0 0 2 139
9/20 曇りのち晴れ 08:00-15:00 41 5 3 0 0 0 49
9/19 曇りのち晴れ 08:00-15:00 147 27 1 ハイタカ(1) 0 0 175(1)
9/18 調査なし              
9/17 曇り 07:00-13:30 0 1 0 0 0 0 1
9/16 晴れ時々曇り 06:45-15:00 107 17 2 ハイタカ1 0 0 127
9/15 晴れ 08:00-16:00 3 0 2 0 0 1 6
9/14 晴れのち曇り 08:00-15:00 10 3 0 0 0 0 13
9/13 晴れ 08:00-15:00 62 3 0 0 0 0 65
9/12 晴れ 08:00-15:00 4 1 0 0 0 0 5
9/11 雨のち曇り 11:30-15:30 3 2 0 0 0 4 9
9/10 晴れのち曇り 08:00-15:00 13 0 2 0 0 0 15
9/9 晴れ時々曇り 08:00-15:00 0 1 0 0 ハヤブサ1 0 2
9/8 曇り一時雨 08:00-15:00 0 1 0 0 0 0 1
9/7 晴れ 08:00-15:00 6 0 0 0 ハヤブサ1 0 7
9/6 曇りのち晴れ 08:00-15:00 0 0 0 0 0 0 0
9/5 曇りのち晴れ 08:00-15:00 2 0 0 オオタカ1 ミサゴ1 7 11
( )内数字は逆行個体。合計に含まず。
調査員メモ
11/5  辛抱たまらず12時でやめました。小鳥の南下がすごいです。今年は当たり年かも。今日で終わりにします。(I)
11/3

 天気が悪かったのでゆっくり上がりましたが、もっと早い時間から渡っていたような感じです。着いて早々にノスリが見られました。風が強まってきた午後、頭上で停止するかのようなノスリを、真下からじっくり見物。今日は帆翔することなくまっすぐ通過するものばかりでした。(Ny)

11/1

 朝のうち、琵琶湖側低くを通過するものが多く、お昼近くになると頭上コースになってきましたが、昨日出尽くしてしまって、今日はもう在庫が残っていないようでしたね。(Ny)

10/31

 晴れ、西風、気温は低いが視界良好。よく飛びました。質量とも最高。集団での直行あり、タカ柱あり、凄かった。照明良好につきゴールデン期待で16時まで頑張りました。終了間際に1羽、少し遠かったが今シーズン初のゴールデン出現。結構でした。今日で一応終わります。協力有難うございました。コース案内板を回収、下山しました。ただ、まだまだ楽しめますし、データー取りをされ、発信される方もあると思います。宜しくお願いします。(I)
不定期ながら、もうしばらく登ります。(Ny)

10/30  昨日と様変わり風は殆どない観測日和。14時までは我慢我慢。終わりにしようかと。しかし塊が来ました。帆翔なしで次々に流れていく。やっと「渡りを見た」感じがしました。ご褒美がありました。(I)
10/29  気温が低く終日猛烈な西風。カラスが風乗り遊びに寄ってきた。気持よさそう。私もやりたいが羽根がない。飛ばないノスリの代りに色ずいた枯葉が舞い上がる。寒いです。冬仕様にして正解。風が枝を揺らす音、憂ら悲しウ゛ァイロンの溜息か。秋が深まります。(I)
10/27  今日も観測日和でしたが数はもう一つで、高いものが多かった。15時前に塊が来ましので30分延長、しかし残り福は3羽でした。もう少し欲しかった。在庫切れの感じですね。(I)
10/26  もやが有るが、無風、晴れ、観測日和。しかし飛びませんでした。11時前、麓の幼稚園児が大挙押し掛けてきました。1時間程大変な賑やかさ「しゅぎょう遠足」だそうです。6番目の修行は観音さんの境内で「琵琶湖に向かって大声で叫ぶこと」。5~6人で一組になって叫ぶ。「ヤッホー」。揃ってない、声が小さい。やり直し!「ヤッホー」厳しいですな。こっちもタカ数えの修行中で四苦八苦、身につまされます。 ツグミ2初認しました。(I)
10/25  晴れ、無風、気温は低いが観測日和。ぽつぽつ来ましたが遠い。しかし14時台に塊が来て近くでノスリ柱も出来て、不満解消。15時台も続くかと期待しましたが駄目でした。鈴鹿山系の上空に月が昇りました。満月にはもう少し。沈みかけた日輪に照らされて、青空の中、白い月が浮かぶ。10倍で見るとちょっと不気味で怖かった。(I)
10/24  薄いジャンパーでは寒いぐらいの猪子山でした。遠くをポツリポツリとした渡りしかなかったところ、終了間際に頭上低くノスリ5羽通過のご褒美がありました。まだ続きがありそうでしたが、残念ながら3時で終了。(Ny)
10/23  朝からのすごい雨、もちろん中止になりました。(akasyoubin)
10/22  物凄いもや、琵琶湖はおろか伊庭内湖も見えない。鈴鹿の山並みも駄目。雲の上の仙人?世捨て人?いや唯の年金生活人です。10時過ぎにやっともやが晴れてきた。午前中、待って待ってもノスリはゼロ。ツミな話。やっと12時台にノスリ6羽のご褒美が。しかしそれっキリ、これっキリでした。所用があるので14時で終了しました。(I)
10/21  一日中頭上は青空が、湖東側は霞み探し難い。9時台のツミや11時台のノスリが近くを飛び楽しませてくれましたが、数が伸びず苦戦が続く猪子山です。(S)
10/20  快晴、微風、もやあり。昨日とは打って変わって観察し易かった。鈴鹿側が多かったが次第に近くが多くなり、ノスリ柱も出来ました。また頭上近くを飛ぶものもあり、シャッター音が響きました。数も今シーズン最多。明日も楽しめるかも。 (I)
10/19

 快晴、猛烈な西風、もやが吹き飛ばされ視界良好。朝、カラスが風乗り遊びに来てました。枝を咥えてきて、落として急降下して取る新しい遊びをするのも。ノスリは8時前から飛び始め、猪子山がらみで頭上近くをかすめ、綺麗でした。青空バックに照明も良く、「カメラマンを呼びましょうか?」状態。しかし続きませんでした。三桁乗りの予想が見事に外れました。今シーズンは、まだサルお方にお会いしていません。元気にされているのでしょうかねぇ。ぜひお会いしたいものです。(I)

 ※小鳥類では、シメが見られたようです。

10/18  お天気さえ回復すれば、と登ってみましたが、雨は降らないまでも、鈴鹿の山は雲に覆われており、やって来そうにない感じでした。風が冷たく寒かった。1時で下山。(Ny)
10/17  曇り無風もやあり。雨が来たので中止。いずれも琵琶湖側遠くで見えるような見えないような。(I)
10/16  午前中は頭上は青空が湖東側は灰色にと 探し難い。ノスリは湖東側がほとんどでしたが、数羽は近くを飛んでくれました。また13時過ぎに飛んだハヤブサとチョウゲンボウが楽しませてくれました。(S)
10/15  晴れているが野焼きのもやで視界不良。風は無風から強い西風に。もやのせいで黒っぽく見え駄目。予想どうり飛びませんでした。(I)
10/14  終日ドン曇り、無風。靄あり。「野焼きはしなさんな。止めときんさい。」の指導があるが罰則がないせいか焼き放題。指導する方も見て見ぬふり。風がないので靄となり視界不良。上昇気流が弱いのか帆翔を繰り返すもなかなか上がれない。あきらめて羽ばたいて行くもの、樹に止まって休むものも。15時で終了予定が、間際に塊が来ましたので、16時まで延長。夕日が照っていれば、初のゴールデンに成ったのに残念。麓の神社は秋祭り。山の巡航の時は鐘や太鼓に笛の音も。駆け上がって来る。揃いの法被を着た子達が綱を引く。えんやせい、えんやせい。平和ですなあ。(I)
10/13  近くにはサシバ1 ノスリ1でしか来ない。 少ない すぐに通過 遠いとダメな日でした。 徐々に北西の風が強くなり、曇ってきました。(S)
10/12  西風が猛烈になり寒い。数は少なかったが、頭上を飛ぶものが多く綺麗でした。帆翔はなし。風に乗って高度を上げ飛び去る。今日もカラスが集まってきて風乗り遊びを繰り返していました。独り観察の予定が、殆どの時間、美女と二人で観察、雨も来ず、水入らず、これまた結構でした。助かりました。(I)
10/11  早朝は小雨、どうなるかと思いましたが、天気回復絶好のタカ日和に。今日は近いものが多く直行やら帆翔やらカメラの絶好の被写体に。残念ながらカメラマンがいない。Nyさんは盛んにシャッター音を響かせていました。独り占め。秋ですね。葉が黄ばみ落葉も。車のフロントガラスに落ち葉が積もるようになりました。ワイパーで払いながら下山。(I)
10/10  珍しく東南の風が吹き様子が違った。11時台は琵琶湖側遠くを飛んで行く。ところが12時過ぎると鈴鹿側や頭上も飛ぶ。右に左に行ったり来たり。忙しかった。時々近いものがあり結構でした。(I)
10/9  殆んどノスリになりました。数は多く見られたものの、どれも遠く高くシャッターチャンスはほぼゼロ。2時過ぎに43羽の団体さんが渡っていきました。今日はほとんどが鈴鹿の山側を行きました。(Ny)
10/8  晴れ、微風、気温低く過ごし易い。もう少し飛ぶかと期待していましたが駄目でした。11時過ぎに11羽の塊がきて近くでノスリ柱が出来じっくり観察出来ました。綺麗でした。その少し前にチゴハヤブサが現れ、帆翔しサービス満点。これも良かった。以上。以後、待って待って待ちぼうけ。私は15時で止めましたが、もしやもしやと、16時まで頑張られた方々がおられました。ボーナスなし。お疲れさんでした。(I)
10/7  天気は良かったが、西風が強く数的にはもう一つでしたが、ハチクマ、ノスリ、チョウゲンボウが多く青空バックに良い写真が撮れました。明日は数が出ることを期待してます。(MY)
10/6  午前中の空いた時間を使って調査してみました。無風で霞が取れない状態が続き、午前10時までゼロ。琵琶湖側でヒヨドリ50羽の大群を見送った後、鈴鹿山系側でハチクマが渡りました。少しずつ風が出てきて霞が取れ、琵琶湖側から歓声が聞こえ駆けつけると、サシバ12羽のタカ柱ができていました。その後は頭上コースに変わり、足早にサシバとハチクマ、SPが渡っていきました。(らいちょう)
10/4  天気晴朗にして風強し。十数羽のカラスが風乗り遊びに来て、一しきり遊んで帰って行きました。出足で少し飛びましたが、それっきりでした。小雨がしょぼついてきたので中止。会としての調査最終日ですが残り福なし。貴重なデータが取れました。皆さん、長期にわたる調査にご協力いただき心より感謝申し上げます。明日からは有志(タカ狂いウイルス感染者)によるノスリなどの調査を行います。調査者がいない日(データーなし)が有るかもしれませんが都合がつけば参加下さい。「タカがノスリされどノスリ」また違った美しさがあります。一緒に楽しみましょう。喫茶「イノコヤマ」は客の入りを見ながら引き続き営業いたします。(I)
10/3  昨日の東方の観察地の記録が少なく 期待はしませんでしたが 今日は少なすぎる。終日 北北西や西北西の風が吹きました。 (S)
10/2  今日も一人芝居のつもりで登りましたが、多くの方の支援をいただきました。有り難うございました。晴れ、西の風、気温は低く視界良好。秋日和。対岸の西江州もはっきりと見えました。思いの外、数が出ましたが近くのものが少なかった。しかし近いものは青空バックに綺麗でした。ノスリが増えてきました。      番外:14時30分頃ドクターイエローが下って行きました。14時40分頃自衛隊のP3C哨戒機1機が西に向かって飛んで行きました。(Ishii)
10/1  台風一過の秋晴れを期待したものの、ぐずぐずした天気の一日でした。比較的天気の良かった11時台に大半をカウント以降は雨に降られ、止んだ後もサッパリでした。お天気の回復待ちですね。(Ny)
9/30  雨が降っていなかったので登りました。嵐の前の静けさと言うか風も殆どない。ギャラリーもゼロ。小鳥が近くまで来てゆっくり餌取り。雨が来たので11時で中止しました。観音さんの幟が台風に備えて全部倒して芝生の上に、一寸面白い風景です。今日で三脚使用禁止期間が終わります。カメラマンの皆さん、ご協力有難うございました。(Ishii)
9/29  終日霞んでいて、調査し難い1日でした。お昼頃には青空が少し出てきて視界も良くなりかけましたが、その後また霞がひどくなり、遠くは全くお手上げ状態。渡りは11時台がピークで、琵琶湖側を中心に、頭上コースも何羽かあったものの、全体的に塊は小さく・続かずで、そろそろ終息が近づいてきたかなと感じさせるものでした。(Ny)
9/28  晴れ、微風、気温も低く過ごし易かった。遠く高いものがあったが真上を通過するものも多く、ギャラリーを大いに喜ばせました。毎日の様に思いもしない団体さんが訪れます。メジャーになったものです。皆さん喜んでおられ結構でした。終わり頃、600羽を越えるかどうかで緊張感がはしりましたが結果は大台を越えました。良かった。サシバ、ハチクマはそろそろ終盤にさしかかったようです。セミが少なくなりましたがまだ鳴いてます。鳴き方がちょっとおかしい。今シーズン外れた人の嘆き節でしょうか。見ィーんかった。見んかった。まだノスリが残ってます。「もしやもしやで今日もまた」でどうぞ。(Ishii)
9/27

 今季最高の調査日となりました。9時30分頃から2時間あまりで1000羽越え。タカ柱またタカ柱遠く近く物凄かった。大阪から貸切りバスで吟行のため来られた「雨月会」の皆様をはじめ多くのギャラリーも大満足の様子でした。(Oue)

 鷹は群 なさざることを矜持とし (雨月主宰 大橋 晄)

9/26  一昨日に続き、今季二度目の4桁フライトです。大半は遠くで残念乍ら川の流れも滝の柱も見られませんでしたが、午前中、琵琶湖側を中心に、幾つかの柱ができました。日本野鳥の会大阪支部の32名の皆さんを含め、多くのギャラリーの皆さん、ご満足頂けましたでしょうか。 (Oue)
9/25  晴れ、視界良好、ただ段々西風が猛烈になる。今日一は10時前に琵琶湖側に出来たサシバ、ハチクマ73羽による乱舞、乱舞、タカ柱。青空を背景に素晴らしい空中ショウでした。真近な事もあり、凄い凄いと大歓声が続きました。初めての方も多く皆さん大満足でした。今シーズン最良かも。午後は数は伸びませんでしたが終わってみれば昨日に次ぐ多さ。今日も観察者多数。「いにしえの万葉人は蒲生野に遊び、こんにちの平成人は猪子山に遊ぶ。」なんちゃって。(Ishii)
9/24  先週までの低調さを覆す大爆発。7時台からサシバ・ハチクマの渡りが始まり、9時~11時がピークの大盛況。大半が鈴鹿側で遠かったが、時には頭上、琵琶湖側の眼前を飛び、タカ柱も作り、大勢の参加者を喜ばせてくれた(Oue)
9/23  天候回復が予想してたよりも遅れ、1000羽超えの予想も覆された一日でした。なかなか渡らず15時終了という空気が立ち込め、調査員の殆どは15時で帰られました。15時以降は調査員2人、観察者2人で17時まで調査を継続しました。少しずつ空が明るくなり、16時前にはサシバとハチクマのタカ柱が遠方で見られました。その後も数回タカ柱を作って南へ渡っていきました。さて明日は何羽飛ぶのでしょうか・・・(らいちょう)
9/22  靄があって鈴鹿山系を飛ぶものが拾いずらい。観察者、今日も多数。結果は散々。今シーズンはなかなか数がのびませんな。ドカンと来るのは何時でしょうか。能登川博物館は今年も外れ。残念。地元の小学校は運動会、拡声器からの大音響や子達の応援合戦の声が山の上まで響いてくる。昨日、我が家の庭でモズの高鳴きを聞きました。季節は確実に移ってます。皆さんお疲れさんでした。 (Ishii)
9/21  なかなか纏まった数の渡りにはならず、BIG WAVEはやって来ないまま終了となりました。どうにもスッキリしない日の連続です。今日も鈴鹿側高く遠くが多かったが、頭上を通過していく個体もあり、今季一番の人出で賑わう猪子山に歓声があがりました。(Ny)
9/20  靄はキツかったが風は弱く気温が下がり凌ぎ易い一日でした。3桁越えの予定でしたが駄目。但し、それぞれの見本はカメラでばっちり。また、みなさんにも楽しんでいただきましたが、殆どは高く遠くて靄で見えなかったり。「タカに魅されて観音さん参り、もしやもしやで今日も来た。」リピーターを含め毎日、ギャラリー多数。喫茶“イノコヤマ”は賑やかですなあ。(Ishii)
9/19

 靄があったが、晴れ微風、気温もやや低くく幾らか凌ぎ易い。やっと渡りらしくなってきました。右側と左側でサシバだ、ハチクマだと歓喜があがった。サシバ柱も。しかし遠く高空を流れていくものが多かった。今日も上流で観察のNさんとやりとりをしながらでしたが、なかなか一致しない。しかし新しい試みとして面白い。八日市方面での観察を+してデルタ方式でやってみてはどうでしょう。連日多くの観察者。毎日、リーフレットが捌けます。嬉しいことです。みなさんお疲れさんでした。あすも期待できるのでわ。(Ishii)
追加報告:猪子山山中では、キビタキ、オオルリ、コサメビタキなども観察されたようです。いよいよ季節が動き出しました。(akasyoubin)
【参考】猪子山の北東約12km地点 今日も上流で優位に立ってやろうという思惑は見事にハズレ。低い位置での観察ということで、高高度を行ったものや、視界の悪い西側を行ったものを洩らしてしまったのかも知れません。猪子山と頻繁に連絡を取り合いましたが、この距離でも、なかなか思惑通りには飛んでくれませんね。 8:00-15:30 サシバ71 ハチクマ12 ノスリ2 オオタカ1 ハイタカ1 ハイタカSP1 計88 他に渡らないサシバ2 番外:サル2
キビタキとオオルリの声がしていました。エゾビタキも。(Ny)

9/18  午前7時現在、弱い雨が降ってます。今後の回復の見込み薄なことや、鈴鹿山系の東側、岐阜方面では、強めの雨が降っていそうな事から、今日のタカの渡り調査は中止いたします。(Ny)
9/17  台風がらみの猛烈な南風が吹きつける。上流の米原方面や鈴鹿山系は終日雨模様。しかし何故か猪子山は降らない。出発地が雨、予想通り飛びませんでした。祝日で観察者多数。何か申し訳ないようで。みなさんお疲れさんでした。台風が通り過ぎれば状況は好転すると思います。(Ishii)
9/16  調査は中盤に差し掛かり、「今日こそは三桁超えを」と期待を膨らませて早朝から調査を開始。鈴鹿山系側だけではなく、琵琶湖側も観察し、タカを見つけては鈴鹿山系側へと、琵琶湖側へと数分おきに駆け回る。午後からはあまり渡らなくなり、帰ろうとする15分前にサシバが頭上を通過。今季初の三桁、127羽を記録しました。調査にご参加いただいた皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。(らいちょう)
9/15
 予想を下回る結果の連続に、「どうなってるん」と首を捻るばかり。今日も6人があちこちに目を凝らすが、トビやカワウすら少なく、寂しい空の猪子山でした。「今日は飛ぶはず」と登ってこられた方もいらっしゃいましたが「15日は渡らない」という猪子山ジンクスは、やっぱり健在。16時まで一人残業されたYoさんに、ノスリ1の手当てが出ました。(Ny)
9/14
 朝は晴れ微風で靄がひどく視界不良。昼頃雷鳴がし、鈴鹿山系側は夕立に。猪子山は降らなかったがそれを境に強い南風に変わる。何とも天気の変化が激しい1日でした。3ケタ乗りの予想が大外れ、残念。上流で観察のNさんと電話でやり取りしながらでしたが、なかなか一致しない。靄のせいか?猪子山に来る前に消えてしまう。相変わらず見ん見んゼミが鳴いてます。ただ、喫茶「イノコヤマ」はギャラリー多数。飛ばぬタカの代りに冗談が飛び交い終始和やかでした。(Ishii)
【参考】猪子山の北東約12km地点 今日も先日と同じ所で観察を行いました。猪子山の真上流にあたるので、ここを通過した個体は猪子山でも捉えられるはずと思い通過のたびに連絡を入れましたが、今日のように真南へ向う個体が多いと、猪子山で捉えるには厳しかったようです。南東の風に変った午後は、ほとんど来なくなりました。 8:30-15:30 サシバ38、ハチクマ1、ツミ1、 計40 他に渡らないサシバ2、ハチクマ1 (Ny)
9/13
 霞があって終日見ずらかったし暑かった。飛ばない飛ばないとボヤいていたら、11時30分過ぎに遠くて高いかったが34羽の集団を発見。矢のように流れて行った。良く見つけたものです。発見者に感謝感謝。文明の利器の効果抜群。続きは?来なかった。9日目にして、やっと「渡り」を見たという感じです。いよいよホントの始まりです。あす以降に期待。(Ishii)
9/12
 「今日こそは」と期待して上がりましたが、視界良好なれどタカは来ず、残念な結果に。低調な日が続きます。(Ny)
 9/11
 朝からの降雨のため中止しました。(Ny)
 天気の回復が早かったので、少しだけ観察に上がりました。雨上がりで視程はとても良かったですが、鈴鹿の山々は山頂が雲の中で、出方は今ひとつでした。明日以降に期待でしょうか。(M.N.)
【参考】猪子山の北東約12km地点 朝の雨により、猪子山は早々に中止にしましたが、意外と早く回復しそうだったので、ダメモトで近くの林道へ行ってみました。 10:30-15:00 サシバ8、ハチクマ3、ツミ2、計13 他に渡らないサシバ3、ハチクマ2 全体的にゆっくりした感じでした。(Ny)
9/10
 やっと、タカの渡り観察らしくなってきました。ノスリ初認です。ただ今日も午後の部までの待ち時間が長く、ぼやき節が度々。待つこと久しやっとS氏の登山あり、ご持参の文明の利器と共に効果抜群。これで万全の体勢が出来ました。(Ishii)
9/9
 晴れているものの時折雲が広がる天気で、まだまだ暑い日になりました。でも木陰に入ると南東の風が少しあり、心地よい日でした。「今日は」と期待したものの、期待はずれの日になりました。そんな中でもハリオアマツバメが一時すごいスピードで数羽が飛びまわり、楽しませてくれました。(akasyoubin)
9/8
 心配された天気は大崩れすることなく観察を続けられましたが、御在所から霊山にかけての鈴鹿山系には終日雨雲があり、渡りを阻んでいたようです。時々細かな雨粒が落ちてくるようになった午後、山沿いに上昇したハチクマ1羽が渡っていきました。明日以降に期待です。(Ny)
9/7
 段々良くなる感じですが、何とも待ち時間が長い。暑い中、みなさんご苦労さんでした。(Ishii)
9/6
 昨日より気温は低いものの湿度が高く、蒸し暑さは変わらず。お天気が心配されたが、午後には晴れ間も出てきて雨に降られることなく調査できました。今日は賑やかしのトビも飛ばず、寂しい空でした。午前中ミサゴが低く旋回していったのと、午後はサンショウクイの群れが近くの木々にやってきて楽しませてくれました。(Ny)
 9/5
 観察初日でしたが、観察者多数。「喫茶イノコヤマ」は、和気藹藹で大いに賑わいました。サシバは、シーズン初めですが2羽飛んでくれました。待ち時間は長かったですが、好しとしましょう。代わりにトビがトビトビに飛び、目慣らしとしては良。今シーズンも見ん見んゼミが盛んに鳴いています。いよいよ始まりました。みなさんのご協力を切にお願いします。(ishii)

2012年 日別渡り羽数(公式調査期間)

9月の渡り数累計

過去7年 日別渡り数累計(~9/30)