本日、西の湖探鳥会が行われました。副担当者のY.O.さんからの報告です。11月の季節にしては暖かく、歩いていて汗ばむ中の探鳥会でした。西の湖といえば、タカの出現が楽しみの一つです。期待のハイイロチュウヒは見られませんでしたが、ハイタカ、ミサゴ、チョウゲンボウ、チュウヒのタカは楽しむことができました。ハイイロチュウヒは次回の楽しみにしましょう。湖面では風がなく、キンクロハジロ、スズガモ、ホシハジロなどのカモ類が動くこともすくなくお昼寝。その群れ中、カンムリカイツブリが潜って餌取りが目立ちました。今回は寒さもなく、のんびりと観察できました。西の湖のもう一つの楽しみは小鳥の出現が多いのですが、今回は全体的に少なく、カシダラカや、ツグミ、ジョウビタキの姿がなかったこと。オオジュリン、ベニマシコ、アオジなど見られても小鳥の動きがすばしこいことで観察できにくかったこと。でもベニマシコの鳴き声がおおきく聞こえたことはよかったです。おもしろかったことは、水辺ではよく見られるバンがヨシの茂みに隠れる姿を求めて「バンはどこだ!」と、探す参加者の姿あり。西の湖大好き!と参加してくださったみなさん。次回は楽しみにしている目玉鳥(タカ、小鳥、水鳥)に出会えますようにまた来てくださいネ。参加者 31名。
 
天気:晴れのち曇り 気温:18~20℃ 時間:9:00~13:20
 
「出現鳥」
カイツブリ カンムリカイツブリ カワウ ダイサギ アオサギ マガモ カルガモ コガモ ヨシガモ オナガガモ オカヨシガモ ヒドリガモ ハシビロガモ ホシハジロ キンクロハジロ スズガモ ミサゴ トビ ハイタカ ノスリ チュウヒ オオタカ ハヤブサ チョウゲンボウ バン オオバン キジ キジバト ヒバリ ハクセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ モズ ジョウビタキ ツグミ メジロ ホオジロ アオジ オオジュリン カワラヒワ ベニマシコ スズメ ムクドリ ミヤマガラス ハシボソガラス ハシブトガラス  46種類+(ドバト)
 
ヴォーリズグランド前に集合あぜ道での観察あぜ道を歩きます
立ち止まりながら小鳥たちを探します西の湖湖岸沿いの高台から水鳥を湖岸沿いの道を歩きます
橋の上からのヨシ原を見渡す昼からは円山集落へお疲れ様!木々が色づいた道を戻ります