本日、定例・下物探鳥会が行われました。担当者のMoさんからの報告です。10~11日に降った雨で琵琶湖の水位が10日のプラス19cmから13日にはプラス56cmまで急上昇し、南郷洗堰の全開放流が続けられて今日はプラス43cmと、昨日のプラス51cmから比べると一日で8cm水位が下げられました。それでも湖岸の捨て石護岸の上まで波がひたひたと寄せて、久々に水が多いなあ!という印象です。湖岸のヨシ原やヤナギ林も水に漬かり、オオヨシキリがあちこちでにぎやかに囀っていました。大雨に誘われてフナやモロコが各所の湖岸に産んだ卵が、急激な水位低下操作で干上がりませんようにと祈りながら湖を眺めました。湖面は相変わらずバスボートだらけ。岸壁からざっとカウントして262隻。その間の湖面にオカヨシガモやヒドリガモがまだ少し残っていました。田圃では少し遅い田植えが行われていました。参加者18名。
 今日の参加者の皆様へ。解散の直後にカケスが2羽飛んできて、博物館の林に入りましたので、今日の出現鳥に付け加えさせて頂きました。春の国内移動中の個体と思われます。下物探鳥会初登場です。

「出現鳥」
カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、トビ、キジ、バン、オオバン、ケリ、アオアシシギ、チュウシャクシギ、タシギ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、オオヨシキリ、セッカ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス 33種類およびドバト

2011-05-15-012011-05-15-022011-05-15-04

いつもの集合場所にて・・・・・・・・・・・・湖岸からの観察、カモたちは10羽くらいしか・・・・・・・・・・お天気も田植え中です

2011-05-15-032011-05-15-052011-05-15-06

オッ!ナイスゲット、アオアシシギ・・・・・・・・チュウシャクシギがいたよ・・・・・・・・・・・・・・ツーショット!のチュウシャクシギ

2011-05-15-072011-05-15-082011-05-15-09

赤野井湾にて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・湖岸寄りにオオバン・・・・・・・・・・・・・鳥合わせの後にカケス

写真提供:Sさん