本日、秋晴れの下で 「下物探鳥会」 が行われました。担当者のMuさんの報告です。秋らしいさわやかな天気。絶好のコンディションでしたが、湖面は無数のボートが浮かび、つり客が多く水上スキーが走り回り、水鳥は落ち着かない。本来ならもう少しカモが見られるはずなのだが。遠くに大きなヒドリを主体とするであろう群れは確認したものの北湖の安全なところに向かったようだ。ハジロガモは一匹も確認できなかった。渡り途中の湖岸のアカメヤナギやネムにエゾビタキがうろうろし、メボソムシクイやキビタキと思われる鳥も確認できました。イシミカワの青い実、イヌタデの赤やヒレタゴボウの黄、風に揺れるヨシやオギの穂と、夏の名残のツクツクボウシが寂しそうに鳴いていたのが印象的でした。参加者17名

天気:晴れ 気温:20~22℃ 時間:9:35~12:50 

「出現鳥」
1カイツブリ  2カンムリカイツブリ  3カワウ  4ダイサギ 5チュウサギ  6アオサギ  7マガモ  8カルガモ 9コガモ  10オカヨシガモ  11ヒドリガモ  12シマアジ 13トビ  14ハイタカ  15チョウゲンボウ  16ヒクイナ 17バン  18オオバン  19ケリ  20ハマシギ 21タシギ  22キジバト  23ショウドウツバメ  24ツバメ 25ヒバリ  26ハクセキレイ  27セグロセキレイ  28ヒヨドリ 29モズ  30ジョウビタキ  31エゾビタキ  32キビタキ 33メボソムシクイ  34セッカ  35シジュウカラ  36メジロ   37ホオジロ  38オオジュリン  39スズメ  40ムクドリ 41ハシボソガラス  42ハシブトガラス 42種類+ドバト

2010-10-17-12010-10-17-22010-10-17-5

2010-10-17-32010-10-17-42010-10-17-6 

写真:akasyoubin