一面銀世界、そんな希望が丘文化公園で、新春希望が丘文化公園探鳥会を行いました。コース道は多い所で積雪20cm、そんな道をひたすら歩きながら探鳥会になりました。山上ダムでは、常連のコガモに混じってヨシガモの姿も見られたり、雪道ではカワラヒワの群れ、アオジ、アトリなど、そしてほんの一瞬ですがマヒワの群。他にトラツグミやルリビタキなども少しでしたが見られました。猛禽類ではノスリが雪面の反射できらきら輝きながら頭上で旋回、カワウと交差するオオタカも見られました。積雪でいつものコースより短めに設定したのですが、雪道を歩くのは予想以上に大変、いつもより長く歩いた感じでした。参加された皆さんお疲れ様でした。参加者21名。

天気:晴れ時折曇り 時間:9:10~13:50

「出現鳥」

ヨシガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、トビ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 35種類 (鳥合わせの時にトラツグミが抜けていました)

西ゲートバス停前に集合まずは山上ダムにて水鳥を山沿いの遊歩道にて、遠くにトラツグミが

中央道に戻る、木にアトリが昼から野外活動ゾーンにて、雪の上にホオジロが折り返し地点

折り返し地点2中央道にて西ゲートへ、小川の向こうにルリビタキが西ゲートへ戻ります

雪道も帰りは足取りが軽い 探鳥会写真提供:らいちょうさん、akasyoubin

雪の希望が丘 by らいちょうさん