今年最後の探鳥会、新旭探鳥会が行われました。担当者のmuraoさんからの報告です。青空と時雨空が交互に。センター内からクイナをじっくり見てスタート。木津(こうつ)常夜灯の側にいたカワアイサをじっくり。波布谷川河口からハジロカイツブリの大群をじっくり。波爾布(はにう)神社近くで美しいミヤマホオジロのペアが木に止まってじっくり。前半じっくり過ぎて後半は一目散にセンターへ。久しぶりに歩きましたが、今日は見通しが良くて、沖の水鳥や、太陽に照らされた山並みが色鮮やかに見られて嬉しかったです。参加者13名。

※今回は、担当者の所用につき、急きょ担当者が代わり申し訳ありませんでした。なんとか無事終了することが出来ました。akasyoubin

天気:曇り時雨、時折晴れ間 時間:9:10~12:50       高島時雨の中で

「出現鳥」

コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、クイナ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アオジ 51種類+ドバト

まずはセンター館内からの観察、目の前でクイナがえさ取りを傘をさしての出発遠くの浜辺にカワアイサが

木津浜にてカモたちを常夜灯にて、ハジロカイツブリの大群を山沿いの道にて、日差しが出てきて、木の上のミヤマホオジロ

遠くにノスリ、近くの茂みにカシラダカなどが再び湖岸へ、センターへ向かいます 探鳥会写真提供:akasyoubin

雨の新旭にて by らいちょうさん