予想通りの天気でしたが、湖北野鳥センター共催の湖北湖岸探鳥会が行われました。担当者のikedaさんからの報告です。今回はセンター周辺で今季初の積雪も記録するなど、コンディションは非常に悪い状態での観察会となりました。降雪でセンター周辺を歩くことができなかったため、センター内からのみの観察となりましたが、40分余りで25種類もの鳥を観察することができました。小鳥類はほとんど見られませんでしたが、ヒシクイをはじめとした水鳥類は安定して観察することができました。参加者10名。

天気:雪 時間:10:00~11:00

「出現鳥」

ヒシクイ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ムクドリ、ハクセキレイ 25種類

kohoku07 探鳥地案内のページから