秋晴れの下で新旭水鳥観察センター共催の新旭探鳥会が行われました。担当者のIshikawaさんからの報告です。水鳥に覆われた湖面は壮観でした。特にホシハジロの多さが際立ちます。金属光沢が美しいアメリカヒドリも採食中。田んぼでは、みんなで探していたノスリをついに発見。チョウゲンボウも現れ、小鳥達を騒がせながら鉄塔へ飛んでいきました。アトリの大群には会えませんでしたが、数羽、数十羽の群れがあちこちに。僕達のすぐ前で、電線に並んでとまる姿はとてもきれいでした。イカルの群れにも、湖畔などで何度も遭遇。音を立ててエノキの実を食べ、木から木へと移動していました。そして何より、ジョウビタキがとにかくよく出た探鳥会でした。参加者10名

天気:晴れ 時間:9:10~12:50

「主な出現鳥」

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、チョウゲンボウ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 51種類+ドバト、タカsp、ムシクイsp

岡浜から水鳥観察はにゅう神社で小休憩
コスモス咲く道を

秋満開の農道ススキの穂も満開再び水鳥を観察

探鳥会写真・野鳥写真提供:honobonoさん

秋晴れの下で出会った小鳥たち by honobonoさん