雨上がりの日曜日、定例・下物探鳥会が行われました。担当者のMoriさんの報告です。予報どおり、曇りのち晴れの天気となりましたが、集合時間前には小雪が舞い、終日北西風が強く吹き付けていました。琵琶湖の沖合いには数種のカモやカンムリカイツブリ、オオバンが点在し、ミコアイサの大きな群れも遠く沖合いに白い点点のつながりとなって見えていました。今回は滋賀主催の下物探鳥会としては開催100回目ということで、アリスイが来賓としてお祝いに駆けつけてくれ、芝生の上で餌を探す姿をじっくりと見せてくれました。参加者19名。

天気:小雪のち曇りのち晴れ 時間:8:35~12:00

「出現鳥」

キジ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、ケリ、コチドリ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、トビ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ、アリスイ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン 49種類およびドバト

岸壁から水鳥観察農耕地にて烏丸半島、赤野井湾遊歩道

いつもの鳥合わせアリスイノスリ

ケリチュウヒ 探鳥会写真提供:らいちょうさん

今日の下物:こさぎさん

下物でのワンショット★HONOBONO