今日、高島市新旭水鳥観察センター共催の新旭探鳥会が行われました。担当者のIshikawaさんからの報告です。雨が弱まる度に「やむかも!?」と期待しましたが、最後まで雨に粘られました。波打ち際でオカヨシガモがせっせと逆立ちし、波間に多数のカルガモ、コガモ、ヨシガモなど。1000羽を超えるハジロカイツブリの大群は圧巻でした。風が吹くと、アオサギの飾り羽が乱れて色々な方向を向き、すごい見た目に…。 ハシボソガラスにモビングされるノスリ、畦に降りていたノスリ、電柱に陣取るノスリ、3ノスリに会えました。 お腹が鮮やかなキセキレイも印象的。ハシボソガラスたちに混じるミヤマガラスの識別に悩んだ後は、水の張った田んぼにクサシギを発見。尻尾を振って食事中でした。参加者7名。

天気:雨 時間:9:10~12:40

「出現鳥」

 コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タシギ、クサシギ、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 56種類+ドバト

湖岸の東屋で観察木津浜で木津浜から湖岸沿いに北上

いつものポイントからキセキレイを木のとまるノスリをセンター内での鳥合わせ

探鳥会写真提供:こさぎさん、らいちょうさん

野鳥写真:らいちょうさん

野鳥写真:こさぎさん