更新が遅れましたが、土曜日に湖北湖岸探鳥会(湖北野鳥センター共催)が行われました。担当者のIke  さんからの報告です。全日の観察会は初の試みでしたが時間に余裕があることもあり、とても充実した観察会となりました。時間にゆとりがあったのでチョウゲンボウとハシボソガラスの攻防戦をじっくり見られたり、本日新たに飛来したヒシクイが元々いた個体群にどのようにして混じるのかなど、ただ鳥を見るだけではなく鳥の生態について観ることもできた有意義な観察会でした。バスの時間の関係から次回は終了時間についてもう少し考慮すべきだと思いました。参加者16名。

時間:9:30~15:00 天気:晴れ

「出現鳥」

キジ、ヒシクイ、サカツラガン、コハクチョウ、オシドリ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ハマシギ、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ジョウビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ 56種類

湖岸でモズを余呉川の橋を渡る山本山を前に

何が見るのでしょうね?チョウゲンボウのモビングを見る野田沼にて

探鳥会写真提供:Sさん

2013.11.02.07

2013.11.02.08