あいにくの天候でしたが、高島市新旭水鳥観察センターとの共催の新旭探鳥会が行われました。担当者のIshiさんからの報告です。雨宿りする場所を求めながらの探鳥会。暑さを気にせず歩けたのが幸いでした。木津浜の前にマガモが浮かび、波打ち際でセグロセキレイが採食。その上を魚をつかんだミサゴが飛んでいきました。集落の上を飛び交うのはツバメとショウドウツバメ。止まない雨の中、田んぼの淵からアオサギやキジバトが飛び出し、チュウサギの群れが農道に着地。辺りを歩いて獲物を捜していました。林の小鳥はほとんど鳴かず静かでしたが… 稜線の上に、ハチクマ1羽とサシバ2羽が出現! 輪を描くようにくるくる飛んだ後、滑べるようにまっすぐ飛んで行きました。カッコウの仲間やチュウサギなどを観て湖に戻り、湖岸や室内からバン、オオバンなどを観てお開きとなりました。参加者5名。

天気:雨時折小止み 時間:7:30~11:40    湖岸での観察風景

「出現鳥」

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、ハチクマ、トビ、サシバ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、トケンsp 32種類

雨の中の出発遠~くの杭にとまるのは?雨の中でたたずむアオサギ

山際の道でも雨止まず電線にとまるツバメ遠くでサギ類が飛んでます

鳥合わせ、雨の中お疲れさん   探鳥会写真提供:こさぎさん、らいちょうさん