またまた梅雨の中休み、そんな今日、湖西で新旭探鳥会高島市新旭水鳥観察センター共催)が行われました。詳しい探鳥会の詳細は、下記のこさぎさんから報告をご覧ください。

 梅雨の晴れ間、集合時間も早いなか8名の参加がありました。穏やかな湖岸を鳥を探しながら歩いていると、ホオジロが囀ずっていたり電柱なはスズメのヒナがちょこちょこ動き回ったり、湖面にはカイツブリのヒナが潜りを披露したりしてました。山手に向かい歩いてる途中、ツバメのヒナが空中で親鳥からエサをキャッチする場面も観られ参加者一同、驚きの声をあげました。神社境内でキビタキの声を聴いたものの姿は見えず。ノスリやミサゴといった猛禽類もさっぱりでしたが、行く先々でカワラヒワに出会い最後は100羽の大群。カワラヒワ祭りでした。皆様、お疲れ様でした。

天気:曇り(蒸し暑い) 時間:7:30~11:30

 

「出現鳥」

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ  34種類

センターから遊歩道を歩く        湖岸に咲くヒルサキツキミソウ        人家近くの電線にツバメ幼鳥

道路下の橋げたで巣作りをするイワツバメイワツバメノアザミの花にとまるベニシジミ

電線に勢ぞろいツバメ湖面には居残りのヒドリガモの姿もおまけ:ヤゴの抜け殻

センター内での鳥合わせ   探鳥会写真、野鳥写真提供:こさぎさん、らいちょうさん