氷点下の寒い今日、定例・下物探鳥会が行われました。担当者のMoriさんからの報告です。天気予報どおりには晴れず、昨夜の雪が地面を薄く覆う、寒い日となりましたが、風は穏やかで、寒さのせいか、バスボートも目に付く範囲では20隻程度と少なかったので、湖上の水鳥をゆっくりと観察することが出来、田圃やヨシ原の鳥たちも、雪のせいか、割と見やすいところに出てきてくれて、じっくりと観察出来たせいもあり、いつの間にか時間オーバーとなりました。津田江湾では南湖で出会う機会の少ないカワアイサの雄が見られました。参加者16名。

天気:曇り 気温:1~4℃ 時間:9:35~12:45

「出現鳥」
オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、サンカノゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、クイナ、バン、オオバン、タゲリ、ケリ、タシギ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、トビ、チュウヒ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン 計59種類およびドバト

雪が残る集合場所湖岸から遠くのミコアイサや近くのカモたちを東小屋前では、ヨシ原横のキンクロハジロやスズガモを

あぜ道へ、遠くの鳥を探します少し水たまりがある水田にタゲリタゲリのいた水田の隣には、4羽のホウアカが

再び湖岸、赤野井湾へ湖面のオオバンなどを見ながら歩きます 探鳥会写真:akasyoubin

E.K.さん