今年最初の長浜港新春探鳥会は、前夜の降水確率が60%だったので、中止になりました。以下担当者のMoriさんからの報告です。

 野鳥の会としての長浜港新春探鳥会は昨日の天気予報を基に中止の判断をさせて頂きましたが、新聞の行事欄に載ったこともあり、集合時間に長浜駅まで行ってみることに・・・。JR琵琶湖線で向かう途中、守山ではカラカラのお天気で、これがどこから雪に変わるのか?と思いながら乗って行くと、彦根市に入ったあたりから太陽が雲に隠れて景色が薄暗くなったものの、米原を過ぎても長浜駅に着いてもとうとう雪は現れず・・・。改札口で待っていると、新聞を見て来たという、一般の方が3人いらっしゃったので、私的探鳥会として、予定のコースを案内して回りました。
 風が滅茶苦茶強かったのを除けば、雪にも雨にも降られず、結果的には探鳥会がなんとか開催出来る状況ではありましたが、小鳥類は強い風のためか、隠れてしまって全然見られず。琵琶湖は白波が立って大荒れで、沖のカモを探す余裕はなく、港内や岸付近にいるカイツブリとカンムリカイツブリや、マガモ、ヒドリガモ、スズガモ、オオバンの群れなどを中心に見ました。みなさんには大変喜んでいただけました。

「出現鳥」
カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、ウミアイサ、トビ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 32種類